積水ハウス「シャーメゾン」 【アパート経営】

 

積水ハウスシャーメゾン」は他社と比べてどうなのか?

 

 

そんなもの、どうもこうもないですよ!!

 

詳細な資料を他社と比較すればわかるでしょ!!

 

簡単なことです。

 

 

詳細な資料で比較すれば「シャーメゾン」の良さがわかるだろ!!

 

こちらのサイトに資料請求すれば、積水ハウス「シャーメゾン」と、あなたが気になる他社のアパートシリーズも資料請求ができます。

 

積水ハウスと一緒に他社の資料請求もできるのです。

 

簡単なことです。

 

 

 

 

こんな簡単な事がわからないなら、アパート経営はやめておいた方が良いかもしれません。

 

セキスイハイムと比較してもいいですし、大東建託と比べてもよいでしょう。東建コーポレーションも比較しましょう。ダイワハウスは気にならないですか?

 

 

 

 

送られてくる資料がスゴイ!!

 

 

資料と言ってもその内容がスゴイんです!!

 

単なる資料やパンフレットではありません。

 

「建築見積もり」
「収支計画書」
「アパート経営プラン」
「市場調査」

 

が届くのです。

 

 

これらを比較すれば、積水ハウスが良いのか、他社が良いのか、シャーメゾンが良いのか、他のアパートが良いのか、はっきりとわかるはずです。

 

セキスイハイムと同じハウスメーカー系が気になるのなら、セキスイハイム、ダイワハウス、ミサワホーム、三井ホームの資料を請求してください。アパート専業系が気になるなら、大東建託、東建コーポレーション、生和コーポレーションなどの資料を請求してみてはいかがでしょうか。

 

本当にアパート経営に成功したいなら、これらの比較検討は当たり前と言ってよいのではないでしょうか。

 

 

 

比べたら積水ハウス「シャーメゾン」

 

 

ここで紹介しているサイトで、各社の比較資料を複数集めて、実際に比べた場合、積水ハウス「シャーメゾン」の魅力がより一層理解できるはずです。

 

積水ハウスにはアパート経営を成功に導く経験・力・実績があります。これは公式HPにはっきりと記載されています。住まいづくりの経験・安心のサポート力・安定経営の実績があなたのアパート経営を支えます。

 

比べれば、積水ハウス「シャーメゾン」が一番だとわかるはずです。

 

 

積水ハウス:シャーメゾンは利回りにこだわるな!!


アパート経営には「満室想定利回り」という、実際には空室を抱えているにもかかわらず、満室時点での予想利回りを表記したものがよくあります。しかも、それがかなりの高利回りになっている物件というのも少なくないのです。これは、あくまでも想像上の利回りですから、鵜呑みにすると大変です。

 

通常、アパート経営の大家さんが、自分の所有物件を売却する時には、満室状態で売りに出したいものです。そのほうが、少しでも高く売れるし、足元を見られないですむわけだからです。また、悪い売り主の中には、偽装入居者を入れて、満室を標榜するケースだってあるくらいです。しかし、物件が不人気ですぐにも満室にできないからこそ、こうした空室のまま売りに出ているわけであり、将来もこの状態が続いたり、あるいは退去者があればさらに空室がふえていくと考えてもよい物件なのです。しかも、そうした歯抜けのような物件が他にも数多くあり、いずれも「満室想定利回り」が高いというのなら、考えたほうがよい地域ということにもなるでしょう。要するに、供給過剰地域の可能性が高いからです。

 

したがって、あまりにも高利回りの物件が多い地域というのは、激戦区と覚悟しておかないと、ババ抜きのババを引いたことにもなりかねませんから、十分気をつけなければいけないのです。たまたま満室でのオーナーチェンジ物件でも、「高利回り」だけに目を奪われるといったことのないようにして頂きたいのです。積水ハウス:シャーメゾンのアパート経営においても同じ事が言えます。利回りにこだわらず、健全なアパート経営を進めてください。

 

 

将来を考えると積水ハウス:シャーメゾンでアパート経営

将来、今以上に少子高齢化が進んだ社会では、高齢者への福祉はより減少し、快適な老後を送るためには、長生きすればするほど、より多くのお金が必要になります。「早く死んでしまうリスク」に対して備える保険より、「長生きするリスク」に備える公的年金や個人年金保険の重要性がより高くなることと思われます。「保険」という言葉に対し、真っ先に「万一早く死んでしまった時の備え」という風に連想される方も多いと思われますが、これからは「安心して長生きするための備え」として 「年金保険」も「生命保険」と同じレベルで真剣に考えるべきなのではないでしょうか。

 

 

マンションは高く売れると思うな!!

マンション経営よりもアパート経営のほうが安全だと言えるでしょう。

 

平成17年不動産業界だけでなく、世の中全体を震撼させる事件が起きました。姉歯元建築士による耐震設計偽造問題です。偽装物件を知らずに購入してしまった人たちにとっては、お正月を祝うどころではなかったことでしょう。

 

しかし、実はあの事件以降も、不動産購入意欲はまったく衰えていないのです。平成16年から17年にかけては、新聞や雑誌などでも、盛んに不動産特集が組まれていました。注目を集めた理由は、不動産には、①長期間安定的な収入が見込める、②管理をプロに任せれば何もしなくてよい、そして③ほかの投資商品に比べて高い利回りが確保できる、というメリットがあるからです。不動産は、いったん建設されたら何十年という年月にわたって使用することができます。

 

大家さんのやるべきことを説明しますが、その仕事をプロに任せてしまえば、まさにラクをして長期間、安定的に収入を確保することができますので、私的年釡の代わりにもなります。ただし、物件選びを間違えなければ、です。ほかの投資商品と比較しても、ほどはどのリスクで相対的に高い運用利回りを確保することができます。株は価格変動リスクがありますし、会社が倒産してしまったら紙クズです。最近では、不祥事から突然上場廃止になってしまう銘柄を少なくありませんから、そうなると換金の場は、大幅に制限されることになってしまいます。

 

  • 画像は積水ハウス:シャーメゾン公式HP、関連HPより引用しています。
  • 見積もり請求は当該地区で運営している建築会社のみとなります
  • 記事内には「PR」の宣伝活動および、アフィリエイト広告が含まれております。